HOME > プリント基板製造サービス

プリント基板製造サービス

サービスの流れ

お見積り

基板の仕様と数量等の条件を見積りフォームから選択し、必要な項目を入力して下さい。製造日数と価格をその場でご確認いただけます。

お申し込み

見積もりを確認後、続けてお客様基本情報送信・製造指示書記入送信・CAMデータ送信をWeb上で完了します。

ご注文受付

プリント基板.netの担当者がお申し込み内容を確認後、記入もれなどの問題がなければ注文請書を送付し、 受注完了します。
※この時点でご契約となります。納期の算出はこの時点を起点とします。

基板製造

CAMデータ編集・基板製造・品質管理

納品

出荷検査・配送

対応CAMデータ

ガーバーデータ

ガーバーフォーマットとは、プリント基板を製造するためのデータフォーマット形式で、事実上のデファクトスタンダードになっています。レーザーフォト作画機でフィルムを作る際に必要となります。

製造可能なガーバーデータ形式

  1. RS-274X(拡張ガーバー形式)・・・Dコードをデータ内に記述
  2. RS-274D(標準ガーバー形式)・・・Dコードリスト別途必要

※RS-274D(標準ガーバー形式)はDコード表を参考にレーザーフォト作画機のアパーチャを手作業でセットするためミスの原因となります。なるべくRS-274X(拡張ガーバー形式)での出力をお願いいたします。 

ドリルデータ

ドリルデータはNCデータとも呼ばれ、NCドリルマシンで基板穴明けをする際に必要になります。

製造可能なドリルデータ形式

  1. エクセロンフォーマット
  2. RS-274D(標準ガーバー形式)・・・Dコードリストにて穴径を指示して下さい。

RoHS対応

RoHSとはEU(欧州連合)が公布した有害物質規制指令で、2006年7月1日以降、電気電子機器に関する特定有害物質のうち6種類が使用禁止となりました。RoHS指令はEU各国内に限った規制ですが、日本国内メーカーの多くの企業がEUで製品を販売しているので他人事では有りません。製品仕様決定、開発段階からRoHS対応を迫られるケースが増えています。プリント基板.netではプリント配線基板製作におけるRoHS対策として次の取り組みを進めています。ハロゲンフリー基板や鉛フリー基板などをはじめとし、各社のグリーン調達基準の要求事項を満たした形での基板の提供が可能です。

量産について

プリント基板.netは少量試作から中ロットまでのプリント基板製造をネット通販しておりますが、お客様のご期待、ご要望にお応えするため量産も行っております。
また、見積りフォーム適用外の特殊仕様につきましても対応しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

実装について

現在プリント基板.netのWeb上でのお見積もり・お申し込みはできませんが、株式会社キーストーンテクノロジーの協力のもと、実装サービスも提供しております。詳しくはお問合せください。

プリント基板製造サービススピードお見積もりはこちらから

このページの一番上に戻る

スピードお見積もり お見積もりが合えば、続けてお申し込みも可能です。

プリント基板製造サービス

ご確認ください

営業日カレンダー

黒字…営業日

赤字…休業日

6月の営業日
Mon Tue Wed The Fri Sat Sun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7月の営業日
Mon Tue Wed The Fri Sat Sun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031